初めて部屋を借りる方から業界人の方まで

不動産まめ知識

行政法規

法人税法

 

 

法人税法

 

・固定資産を交換した場合の圧縮記帳制度

圧縮記帳とは「課税の繰延べ」を認めるもので、実際の取得価額よりも低い帳簿価格をつけた際に減額分を「損金計上する」ことをいう。

 

・交換時の譲渡資産の要件

1年以上所有する「土地」「建物」(土地は地上圏、賃借権を含む)

 

・交換時の取得資産の要件

相手方が「1年以上所有」していた「固定資産」であること、

譲渡資産と同一の種類の資産であること、

譲渡資産の譲渡の直前と同一の用途に供すること(交換後)、

相手方が交換のために取得したものではないこと。

※清算法人には適用がない。(外国法人には一部適用。)

※適用は何度でも受けられる。

※「棚卸資産」には適用がない。

-行政法規

Copyright© 不動産まめ知識 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.