初めて部屋を借りる方から業界人の方まで

不動産まめ知識

会計学

会計学 負債会計

 

 

負債会計

 

引当金

財貨又は用役が費消されていない場合であっても適正な期間損益計算のために費用又は損失の見越計上が必要とされる場合に借方に計上した費用に対応して貸方に計上される項目をいう。

★製品保証引当金

製品保証に関わる費用を販売収益認識のタイミングで事前に計上する。(純成果を出す)

 

設定要件

・将来の特定の費用又は損失であること

・その発生が冬季以前の事象に起因すること

・その発生の可能性が高いこと

・その金額を合理的に見積もることができること

 

設定目的

貸借対照表における企業の財政状態の適正表示の為。

(引当金の金額で企業が予測しているリスクの大きさを投資家へ発信している。)

評価性引当金:資産の部

貸倒引当金のみ。

短期貸付金:流動資産 長期貸付金:固定資産 (1年基準を採用)

 

負債性引当金:負債の部

その他。(債務性引当金、非債務性引当金に分類され、後者には修繕引当金等がある。)

 

 

資金留保効果

引当金もまた減価償却同様、非現金支出費用。

-会計学

Copyright© 不動産まめ知識 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.