初めて部屋を借りる方から業界人の方まで

不動産まめ知識

経済学

マクロ経済学 「AD-AS分析」

 

▶︎AD-AS分析

 

AD曲線

・労働市場

古典派

労働需要:古典派の第一公準

労働供給:古典派の第二公準

→需要は実質賃金の減少関数、供給は増加間数。

ケインジアン

★名目賃金が硬直的と考える点が古典派との最大の違い。

AS曲線古典派・ケインジアンの違い

労働市場、財・貨幣市場の同時均衡

 

反ケインズ派(サプライサイドエコノミクス)

コスト・プッシュインフレ

 

★スタグフレーション(不況)

所得低下と物価上昇が同時に起こっている状態。

 

▶︎国際マクロ経済学

国際収支=経常収支+資本収支=0

国際収支=経常収支ー金融収支=0

経常収支:貿易の利益

 

★為替レートの影響

円高:輸出減少輸入増加→収支悪化

円安:輸出増加輸入減少→収支悪化

資本収支:債券等。債券購入は赤字化、債券販売は黒字化。

金融収支:債券等。債券購入は黒字化、債券販売は赤字化。

(マネーの増減か、債券の増減か、捉え方の違い。)

 

BP曲線

2通貨間の相関関係を表す。

BP曲線のシフト

・マンデル=フレミングモデル

開放経済で資本移動が完全な場合を仮定。

→マーシャル=ラーナー条件が満たされている。

・マーシャル=ラーナー条件

輸出の価格弾力性+輸入の価格弾力性>1

円高:輸出減少輸入増加→収支悪化

円安:輸出増加輸入減少→収支悪化

→国内利子率が増減する。

 

固定為替相場制

 

Jカーブ曲線

-経済学

Copyright© 不動産まめ知識 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.